アスミールの副作用は大丈夫?不安な親御さんのため徹底解説

アスミールは子供に飲ませるものだから副作用の危険性って怖いですよね

しかも初めて買うってなるとなおさら心配ですし、絶対に確認しておきたい項目の1つですね。

そんなアスミールの副作用について成分などを解説して徹底的に解説していきますね。

アスミール副作用の危険性はない!

結論から言いますと

「アスミールに副作用の危険性がありませんので大丈夫です」

だから子供に安心して飲ませてください。

でもなんで副作用の危険性がないのか?については以下で紹介します。

アスミールの成分からわかる安全性!

以下がアスミールの成分表になります。

グラニュー糖、ココアパウダー、ドロマイト、乳糖果糖オリゴ糖、植物性ミネラル(ごま由来)、亜鉛含有酵母、カゼインカルシウムペプチド、粉末状大豆たん白、煮干しパウダー、コラーゲンペプチド、黒酢エキスパウダー、精製ナットウ菌培養物、メロンプラセンタ(胎座)エキスパウダー、DHA含有精製魚油粉末、未焼成カルシウム、ビタミンC、ピロリン酸第二鉄、ビタミンE、ナイアシン、香料、パントテン酸Ca、ビタミンB6、ビタミンB2、ビタミンB1、ビタミンA、葉酸、L-アルギニン、ビタミンD、ビタミンB12、(原材料の一部に乳成分、ゼラチン、大豆を含む)

アスミールの成分表の中で危険性が指摘される成分が「香料」になります。

香料は食品添加物の1つで香り付けに使われるものです。

食品の香り付けに使われるものなのでごく少量しか含まれていないです。

香料はスーパーの惣菜やいろいろな食品に使われています。

なのであなたが知らないだけで普通に摂取している添加物になります。

ですが今まで副作用が出た経験ありますか?ないですよね。

なぜなら、使用している量が少ないので毎日摂取しても人体に与える影響は限りなく低いです。

そのため、アスミールには副作用がないと言い切れるのです。

これ以外にもアスミールが安全な理由がありますのでご紹介します。

アスミール安全・安心へのこだわり4選

使う原料は全て国内製造原料

アスミールに使われている全ての原料は国内でとれたものを使用しています。

何かと日本は厳しいので親御さんからすると安心できるポイントですよね。

これが日本ではなく中国などで取れたものだとちょっと不安ですし、安心できませんからね。

合成保存料、合成着色料、合成甘味料すべて不使用

合成保存料、合成着色料、合成甘味料すべてに共通する危険性は発がん性があるということです。

これらの添加物が含まれていると子供に長期的に飲ませるのはあまりよろしくないですからね。

でもアスミールにはこの3つの添加物は含まれていません。

だから安心して飲ませることができます。

日本国内の工場で製造

日本以外の工場で製造されているとなるとどんな作業環境や衛生環境で製造されているのかわかりませんよね。

そうなると子供に飲ませるものだから親御さんからすると怖い点でもあります。

ですがアスミールは国内の工場で製造しているので一定の水準をクリアしていることにもなり安全性が高いです。

放射能検査済みだから安全

アスミールは放射能の検査済みなので安心できます。

放射能はDNAを傷つけるので身体的な悪影響や遺伝的な悪影響に大きく関わります。

放射能の検査をしていないもので放射能を摂取してしまうとその子の子供などに悪影響が及んでしまいます。

でもアスミールは放射能検査済みなのでそのような心配はありませんよ!

アレルギーだけは忘れずにチェックしましょう!

アスミールの副作用については先程紹介したように副作用の心配はありません。

ですがアレルギー持ちのお子さんは注意してください。

特にアスミールの場合は子供のアレルギーで2番目に多いと言われている牛乳、乳製品のアレルギーに注意してください。

牛乳、乳製品のアレルギーですがこれはアスミールを牛乳で割って飲むからという理由ではありません。

アスミールにはそもそも原材料の一部に乳成分が含まれていますので乳アレルギーのお子さんは注意が必要です。

豆乳に割って飲めば問題ない!と思っている親御さんもいるかもしれませんがアレルギー反応が出てしまうのでやめてください。

まとめ

アスミールの副作用はありませんので安心してください。

アレルギーだけは注意してくださいね。

そのためアスミールの購入を考えている親御さんは安心してくださいね!

 

合わせてこちらもお読みください。

>>アスミールの全成分からわかる身長を伸ばす栄養素と効果

 

SNSでもご購読できます。